【こどもと一緒におやつレシピ】ごまと大豆のビスコッティ

こんにちは。管理栄養士 料理家のmidoriです。

こどもと一緒におやつを作ろう。手作りのおやつは簡単・安心です。こどもと一緒におやつを作ると様々な会話が弾み、たくさんの笑顔がこぼれます。またこどもにとって「作る」「おいしい」という、とても良い経験になります。ぜひ今日のおやつを手作りしてみませんか?

今回はザクザクした食感がおいしいおやつ、ビスコッティをご紹介します。ビスコッティはイタリアの伝統お菓子で、イタリア語でビス=2度、コット=焼く、という意味があります。名前の通り、一度生地を大きい状態で焼いてから、生地を切ってさらに表面を乾かすように焼いて仕上げます。

ざくざくの歯ごたえのあるとても良い食感でおいしいお菓子です。小さなこどもの歯固めにもおすすめのおやつ。混ぜるだけで簡単ですし、日持ちもします。今回は、きなこやごま、大豆の蒸し煮も使い、栄養価も高くおいしいおやつに仕上げます。

こどもとサッと材料を混ぜるだけ。作業は簡単!おいしいのでぜひお試し下さい。


ごまと大豆のビスコッティ【簡単安心手作りおやつ】

 

材料 約10個分

卵  40g

ビート糖(上白糖など好きな砂糖で可) 30g

A薄力粉  50g

Aきなこ 10g

Aすりごま(白) 5g

蒸し大豆 40g

卵白 2個

ビート糖(グラニュー糖、上白糖で代用可)20g

使用する道具

キッチンスケール(はかり)

ボウル

ゴムベラ

泡立て器

ふるい

クッキングシート

オーブン

パン切り用包丁

作り方

1. ボウルに卵と砂糖を入れて少し白っぽくなるまでよく混ぜます。(約2分)

 

2. 1にAと蒸し大豆を入れてゴムベラで切り混ぜます。

粉が馴染めば、クッキングシートを敷いたオーブン皿の上に生地をのせてなまこ型に形をととのえます。180度のオーブンで20分焼きます。

3.表面に軽く焼き色がつき、中まで火が通り包丁で切れるくらいになれば、包丁で1cm厚さに切ります。

4.切り口を上にし、160度のオーブンで25分焼きます。表面が乾き、カリカリになれば出来上がりです。

まとめ

ザクザクした食感が特徴のビスコッテイ。甘すぎず、食べやすく仕上げました。

日持ちがするお菓子なので、感想しないように保存袋か瓶に入れて保管すれば1週間位楽しめます。

いつも写真を撮っていると、食べるのを待っているこどもたち・・・。「いいよ〜」の言葉で一斉に食べ始めます!!自分で作ったお菓子は、美味しいですものね!

ぜひ楽しんで作ってみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA