【おからオートミールバー】米粉使用・グルテンフリー

こんにちは。

料理教室はっぴいさんの管理栄養士のmidoriです。

今回は、生おから、オートミールを使ったおからオートミールバーをご紹介します。

動画はこちら→

オートミールを使ったレシピが流行っています。
オートミールの原料は、オーツ麦です。オーツ麦は、ロシアやアメリカ、カナダ、ヨーロッパ諸国などで栽培されている穀物です。
オートミールはオーツ麦を脱穀した後、加工したもので、 oats(オーツ麦)とmeal(食事)をかけあわせて作られた造語です。

オートミールの大きな特徴は、食物繊維が豊富なことです。
水溶性、不溶性食物繊維、両方ともバランス良く含まれています。
鉄分、ビタミンB1、カルシウムなども、同じ穀類の白米、玄米に比べて多く含まれる栄養価の高い食材です。

また今回のおやつには、オートミールの他、大豆たんぱくを摂ることができる生おから、豆の食物繊維が摂れるようにミックスビーンズ、ミネラル豊富なレーズンも入れたレシピになっています。

混ぜるだけでコツもなく簡単。思い立ったらすぐできます。忙しい時の朝食や栄養価の高いおやつにもおすすめです。
ぜひお試しください。

おからオートミールバー(米粉使用・グルテンフリー)


 

材料 1個分(直径12cm×12cm型)

生おから 50g

オートミール 40g

 

ミックスビーンズ 30g(缶詰か蒸しビーンズ)

レーズン 20g

はちみつ 20g

菜種油(サラダ油・米油) 20g

米粉  20g

作り方

1  皿におからを広げてラップをせず、600Wの電子レンジで2分〜加熱をします。加熱後、30g程度になるまで、
必要ならばレンジにかける作業を追加して、おからを乾燥させます。

2 型に型紙を敷きます。

私は昔、cottaさんで購入したプラスティックの型を使っているのですが、同じサイズの金属の型がアマゾンで販売されていたので、
ご興味のある方は、こちらもチェックしてみてください。
ちょうど良い大きさで、焼き時間もかからずちょうど良い量が焼けるので、このサイズの型はとても使いやすいです。

3 ボウルに、1、オートミール、ビーンズ、レーズンを入れて1度混ぜます。はちみつ、油、米粉も加えて混ぜ合わせます。
(生地がポロポロせず、しっとりとまとまるくらいが目安。まとまらないときは、手を水でぬらして少し生地に水分を補ってください)

4 型の中に3をぎゅっと固めに押し込みます。

5 180℃のオーブンで約20分焼きます。

6 生地をしっかりと冷蔵庫で冷やします。

7 好きな大きさにカットして盛り付けます。

まとめ

少しでも体によいものをおやつに、心と体が満足するものをと考えてレシピを作っています。健康に美しく、愉しく過ごしましょう。混ぜるだけで親子で作るのもとてもおすすめです。ぜひお試しください。

【SHElikes】オンライン体験レッスン開催中 “>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA