こども料理教室で使っているこども包丁を紹介します

こんにちは。管理栄養士ママのmidoriです。

いよいよ対面のおやこ料理教室をはじめます。包丁を使用するのですが、家庭で子ども用の包丁をどんなものを用意したら良いの?と思う方もいらっしゃるはず。

わたしのレッスンでは2種類の会社のこども用の包丁を準備しています。サイズ、使用感などを書いていきます。

初めての包丁におすすめのこども包丁 「正広」の包丁

【メール便!】 正広 こども包丁 りす(幼児) うさぎ(低学年) くま(高学年)

価格:1,908円
(2020/8/15 18:32時点)
感想(555件)


正広は長年、我が家のこどもたちにも使っていたもので、使用感が良いです。年少の初めて包丁を購入したときから、うさぎのイラストの赤い包丁を使っています。

正広のこども包丁は3種類あり、包丁の色・動物により、大きさが違います。わたしが使用している「うさぎ」は低学年用とありますが、年少の頃から問題なく使用できています。何度も買い換えるのも大変なので、大人のわたしが使っても問題ない、うさぎの包丁をファースト包丁にしても良いのではと思います。

正広のうさぎの包丁のサイズ


刃渡り約133mm  全長240mm
重さ 約55g

刃部 特殊ハイカーボンステンレス鋼 1.6mm厚材使用
 プレゼント ラッピング

刃の厚さもちょうどよく切りやすいです。わたしも使いやすく愛用しているので、もう我が家の包丁の絵柄はボロボロです。右利き用、左利き用とありますのでお間違えのない様に購入ください。

初めての包丁におすすめのこども包丁 「台所育児」の包丁

[送料無料]包丁 川嶋工業 台所育児 大 DI-53 【D】【調理器具・包丁・ナイフ】

価格:2,300円
(2020/8/15 18:36時点)
感想(2件)

 

併せて台所育児のこども包丁も愛用しています。

台所育児シリーズは、NHK子供向けの料理番組「ひとりでできるもん!」を監修した坂本寛子さんが作った「こどものための調理器具」です。

台所育児の調理器具は大さじ、小さじなどのスプーンは置いてもこぼれない設計に、はさみも使いやすく、こどもが使っても熱くない、柄の長いヘラやトングなど、使いやすい子供向けの調理道具になっています。

かつて台所育児のスターター7点セットを購入した時に、包丁がついてきて、こちらの包丁も愛用しています。刃渡りがしっかりしていてとても使いやすいです。

 

刃わたり:約13cm
切り残しが少ない刃の形状の包丁。
研ぎなおしもできるステンレス製。

【サイズ】1.8×4×23.3cm
本体重量:0.077kg
【材質】刀身:ステンレス刃物鋼・柄部:ABS樹脂(耐熱温度60度)・口金:ステンレススチール・刃カバー:ポリプロピレン・カバーホック:POM樹脂
【原産国】日本

こちらも刃渡りの長さは同じくらい、包丁の重さも正広のものと変わりなく、しっかり手にフィットして持ちやすいです。

包丁を研ぐことができるステンレス制で、研ぎ直して長く使うことが出来ます。まとめてこどもと料理に使う調理道具を一通り揃えたいという方には、こちらの「台所育児のセット」はおすすめです。

3点、7点セットもあります。

ケースに入っていて、こどもと料理をするときに持ってきて、やるのも良いと思います。

まとめ

これから料理教室を初めて「初めて包丁を持つ」お子様に出会います。わたしは初めの一歩をご紹介しますが、ぜひ継続してご家庭で料理をしていただきたいと思っています。

「料理って楽しい」と感じてもらえると嬉しいです。自宅で料理を継続してするために、包丁はどんなものを購入したら良いのか、迷う方もいらっしゃると思いますので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

どちらの包丁もわたしがこどもたちに使わせてみて、また自分が使ってみて使いやすいと思った包丁です。包丁選びの参考になればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA