【赤しそシロップレシピ】こどもと一緒に季節の手仕事

こんにちは。

管理栄養士 料理家のmidoriです。

こどもと一緒におやつを作ろう。手作りのおやつはおいしいし、素材がわかり安心です。こどもと一緒におやつを作ると様々な会話が弾み、たくさんの笑顔がこぼれます。またこどもにとって「作る」「おいしい」という、とても良い経験になります。ぜひ今日のおやつを手作りしてみませんか?

今回ご紹介するのは「赤紫蘇シロップ」です。

おやつではないです、笑。

もう赤しそがお店に並んでいるかいないか、ギリギリだと思いますが、急に畑の赤しそを見て思いたち、赤しそシロップをこどもと一緒に作りました。梅雨もようやくあけて暑くなるときに、爽やかに飲むことができるシロップです。ぜひお試しください。

(レシピは畑でとれた量で、かなり少量です。赤しその量に合わせて他の材料を2倍、3倍とご用意ください)

赤紫蘇シロップ【簡単レシピ】

 

 

材料 (赤しその量に合わせて分量は調整してください)

赤しそ  20g

てんさい糖 25g

酢  小さじ4

水  1カップ

使用する道具

キッチンスケール(はかり)

鍋 ザル 計量スプーン

作り方

1.赤じその葉を摘んでボウルに入れます。たっぷりの水を注ぎ、ザブザブと洗い、水を捨ててを繰り返し、砂をきれいに洗い流します。

2.鍋に1と水1カップを入れて火にかけ、沸騰後中火にし、15分程煮出します。

3.ザルにあげて濾して再度鍋に戻し、砂糖を入れて煮詰めます。(この分量だと量は100ml弱の量になります。)

4.砂糖が溶ければ、酢を入れて出来上がりです。

まとめ 

ふと思い立って作った赤紫蘇シロップですが、夏の時期にさわやかに飲むことが出来ます。とてもさっぱりとしておいしいです。砂糖がとけたシロップに酢を入れると、黒っぽかったシロップが一気にかわいい赤色になります。こどもたちも「わーーーーー」ととても感動していました。

酢の酸と赤色のアントシアニン色素が一緒になると、色鮮やかに発色します。とてもきれいな色。自由研究にも良さそうです。

赤紫蘇が手に入れば、ぜひ作ってみてくださいね。葉を摘む作業は、こどもたちと一緒にお楽しみください。

季節の手仕事、おすすめです。

2 件のコメント

  • 色が変わった時の子供たちの声が聞こえてくるようです!子供と一緒だと、本当にいいなあと思います。楽しいですね!
    この時期ならではの手仕事!子供と一緒なんて素敵です

    • ゆきさんコメントありがとうございます!とても嬉しいです。こどもと一緒に料理は楽しいです。ぜひ多くの方に実践していただきたく、いろいろ頑張っていこうと思います。まずは自分が精一杯楽しみます!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA