【簡単手作りおやつ】じゃがいもおやき

こんにちは。

管理栄養士 料理家のmidoriです。

こどもと一緒におやつを作ろう。手作りのおやつは簡単・安心です。こどもと一緒におやつを作ると様々な会話が弾み、たくさんの笑顔がこぼれます。またこどもにとって「作る」「おいしい」という、とても良い経験になります。ぜひ今日のおやつを手作りしてみませんか?

今回も何度かご紹介している、米粉を使ったおやつです。今日は掘りたての「じゃがいも」を使います。

春に植えたじゃがいもが収穫の時期を迎えました。その記事はこちら→

収穫をしたじゃがいもは、じゃがバターに、フライドポテトに様々にいただいていますが、もっと様々なレシピでおいしく食べたいな、と。今回は、最近よく使っている米粉とじゃがいもを合わせてモチモチ食感のおやきを作りました。とても簡単!おかずにもおすすめ!!美味しいので、ぜひお試しください。

 

 

じゃがいもおやき【簡単安心手作りおやつ】

 

材料 8個分

米粉 50g

じゃがいも 中1個150g

A砂糖  大さじ1  1/2

A水   大さじ2

A醤油   小さじ2

バター 5g

わたしが使用している米粉はこちらです。

↓cottaで食材、型などまとめ買いもおすすめです。米粉も小袋(280g入)で売っています。ラッピング用品や型などとても可愛いものが売られていて、大好きなお店です。

使用する道具

キッチンスケール(はかり)

包丁、まな板

ボウル

マッシャー(あれば)

ゴムベラ

フライパン
フライ返し



作り方

1.じゃがいもは一口大に切り、水から鍋で茹でます。串が通るくらいやわらかくなれば、水気をきります。あたたかいうちに潰します。

2.米粉とじゃがいもを混ぜます。(まとまらない場合は水を小さじ1〜足して、丸めて潰せる硬さにします。じゃがいもに含まれる水分により、かわります)生地を8〜10等分に分けて形をととのえます。

3.フライパンに油少々を入れてあたため、 2を両面こんがり焼きます。蓋をして弱火にし、5分程度加熱をして中までしっかり火を通します。

4.Aのたれの材料を入れておやきを返しながら、たれを絡めて最後にバターを入れて出来上がりです。

★タレが少なめなので、倍量でタレを作り、たっぷりタレを絡めてもおいしいです!

まとめ 

とても簡単にできるおやきで、おやつにもおかずにもおすすめです。

週末、自宅の庭のじゃがいもを収穫しました。

今回、畑作りを通して実感したこと。

こどもがじゃがいも作りで成長した!

じゃがいもを植えてから毎日、こどもたちは小さな窓からじゃがいもの様子を確認し、雨が降った時、太陽の光が眩しい暑いとき、じゃがいもを心配して気にかけていました。

肥料をあげるときも、土をかけるときも、いつの日もじゃがいもの成長に3か月、寄り添ってきました。そして、ついに葉が枯れたとき、じゃがいもの「元気がない」「枯れてしまった・・」と残念そうに知らせてくれました。「枯れたのは、収穫のサインだよ」と教え、一緒に芋を掘りました。

芋を掘る作業も楽しくて、元気いっぱいに途中たくさん出てくるダンゴムシと仲良くしながら、楽しく掘りました。

まだ収穫は半分。残りの芋も大事に楽しく掘ります。ピーマン、きゅうりなどの夏野菜も植えました。これらの収穫も楽しみです。

今回の「収穫」を通じ、わたしの料理教室ではなるべく収穫したものをを調理する、という企画をしたいな〜と改めて思っています。タイミングもあるし、収穫量も違うからこれは本当にごく少人数の方にむけてになってしまうかもしれないのですが。

食物を育てる体験は引き続き、大事に行っていきたいです。

さて大量にとれたじゃがいも、どうおいしくいただこうか?これから様々にレシピを考えていきたいと思います!

新じゃがいものおいしい時期に、このおやきのレシピをぜひお試しください。

このおやきには、男爵いもがおすすめです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA