【学童弁当】簡単15分レシピ〜お弁当作りにおすすめグッズ

こんにちは。管理栄養士 料理家のmidoriです。
今年は春休みが長く、毎日の小学生の学童弁当が1か月以上続いています。

毎日給食にお世話になってところ、急にお弁当が必要になり、毎朝のお弁当作りはやはり負担です。買い物、メニューを考え、作り、片付けをし・・だからこそ、毎日効率よく、こどもが喜んで食べてくれる栄養バランスのとれたおいしいメニューを段取り良く作りたい!と改めて思います。
今回は、新小学2年生になる息子がいるわたしが小学生のお弁当作りに役立ているお弁当グッズをご紹介します。

小学生のお弁当作り初心者の方にも、これなら続けられる!こどもも喜んでくれる!というお弁当作りの情報を書いていきます。まずはお弁当づくりに役立つグッズからです。ぜひご覧ください。

【小学生弁当】おすすめのお弁当箱

わたしが愛用しているのは、3coinsで購入したこちらのお弁当箱です。
BENTOととてもシンプル。赤色のお弁当箱もありました。

容量は480〜500mlです。(水を入れて自分で計りました・・)

うちの小1の男の子は、このお弁当箱におにぎりを入れて足りました。

新小2になる春休みは、おにぎりは別。おかずのみこのお弁当箱に詰めて、おにぎりは弁当に持っていっています。

わたしがお弁当箱を様々に使ってみて実感したのは、お弁当箱に箸が付いていると楽!!ということです。

・箸箱の忘れがない

・箸箱を洗う手間がない
という良い点があるのを実感します。使いやすく箸箱付きのお弁当箱はとてもおすすめです。

1年使い、少し蓋のパッキンが壊れてしまったので、この辺りのお弁当箱を購入しようと検討中です。

少し大きめですが、箸付きの便利さは譲れません。

お弁当作りに揃えると良いおすすめのお弁当グッズ

・卵焼き鍋

この鍋さえひとつあれば、野菜を茹でる、卵焼きを作る、炒める、なんでも作ることができます。「野菜を茹でる」から始めれば、さっと洗って使うだけで次つぎ別のメニューに使うことができます。とても便利です。

わたしは13×18cmを使っています。

・小さな炒めヘラ

100円ショップなどで売られている、小さな炒めヘラを愛用しています。炒めたり、たまごを返したり、なんでもできる万能ヘラ。100円ショップで購入したものですが、この大きさ、形が良くて毎食1回以上使う愛用品。小回りがきいてとても使いやすいです。

・薄いまな板

小さいまな板が洗いやすく便利。野菜→肉で使うようにすれば、洗う手間もありません。100円ショップで購入したものを使っています。

・キッチンはさみ

包丁、まな板を準備しなくても、少しの切りものならばキッチンはさみが便利です。準備しておくと良いでしょう。

・食品カップ

わたしは100円ショップで購入した6号のカップのみ使用しています。サイズも色々売られていますが、こちらの1サイズで十分事が足ります。1日5枚位使うこともあります。(少し節約したい)色が様々に入っているものの方がお弁当の彩りも良くなり、おすすめです。食材の色と被らないように使っています。

 

・盛り付け箸

フードコーディネーターも盛り付けの際に使う、先の細い箸。お弁当は特に細かい作業が多いので、この先の細い箸はとても使いやすいです。

おかずが揃って、「さあ、おいしそうに盛り付けるぞ」というスイッチにも、わたしはなります。先が細いとお弁当には使いやすい!と実感できると思うので、ぜひ1膳ご用意いただくと良いと思います。

 

・野菜の抜き型

男の子なので、それほど「可愛く盛り付けて」という要求はありませんが、野菜の型もいくつかあるととても便利です。可愛い見た目は、母親のテンションが上がります、笑。

・保存のための道具

保冷剤、笹の葉、竹の皮などは保存のために役立ちます。夏場のお弁当は、暑さで傷まないように、工夫が必要です。

笹の葉、竹の皮には抗菌作用もあります。切って食材の仕切りや、盛り付けのアクセントにも使うことができます。

笹の葉は水煮なので、切ってさっと水洗いし、水気をよくふいてから使用します。冷蔵庫で保管し、開封後は1週間以内に使い切りましょう。使い切れない分は冷凍庫で冷凍し、使うときに自然解凍して使います。

青しそなども料理の区切りや抗菌に、梅干しも抗菌作用があります。

まとめ

わたしが役立てているお弁当グッズをご紹介しました。上記の道具があれば、お弁当の準備はOK。早速はじめてみましょう。

これからお弁当作りのポイントをお伝えしながら、おかず2品手作りする15分弁当をレシピを次々とご紹介します。朝の15分は、とても貴重です。段取り良く洗い物も少なく、こどもに喜んでもらえるおいしいお弁当を目指します。

先日、この手紙をもらえてとても嬉しかった!


こどもの持って返ってきた空のお弁当箱と「おいしかった!ありがとう」はまた頑張ろうと思える、とても嬉しい言葉!

(毎日、「おいしかった?」と聞いておいしいという言葉を子供からいただきましょう!!)

楽しくお弁当づくり、一緒にがんばりましょう!

お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA